VanVan200Z!

カテゴリ: 修理・メンテナンス

     ヒロ坊主さんご心配ありがとうございました。(^^ゞ

 
    今日は良い天気!気候も良いですね!

   本日は久しぶりのワックスです。
先日すっころんでしまったので洗車しながら気づかなかったキズがあるかもしれないので再確認しました。

洗車前
DSC_0916
自分は水をかけて洗車はあまりしませんが、せっかくワックス掛けをするのでカーシャンプーで洗車しました。
 
    新たなキズはありませんでしたが、サビのあるところをサビチェンジャーを塗布しときました。
久しぶりに洗車するとバンバンもスッキリしました。これからは定期的にシャンプー洗いしよかな。


ワックス掛け後
DSC_0917
 この後完全に乾かすため県内散歩に行ってきました。(^^ゞ

    先日ヒロ坊主さんからバンバンのマフラーの錆のことで参考になったとコメントをいただきました。
こんな駄文でも参考になるならうれしいです。(^^ゞ

    せっかくなので自家塗装のその後をみてみました。
2016年3月に1回目、2016年11月に2回目、2017年10月に3回目から現在に至ります。

カバーを外しての全体画像
DSC_0857

まず錆の少ない一升瓶マフラー。この部分は溶接部分から錆びていましたが、塗装後は錆びてません。
DSC_0858
DSC_0859
DSC_0860

次は一升瓶マフラーからエキゾーストパイプ。ここら辺も錆はありません。
DSC_0861
この辺りになると少し変色が見られます。
DSC_0862
エキパイカバー下はまだらになっていますが錆びてはいないようです。
DSC_0863
エキパイカバーをつければまだらも目立ちません。
DSC_0869
エキゾーストパイプのエンジン側は全体的にうっすら錆が見られます。特に下側の方に見られますね。
DSC_0864
DSC_0866
ボルトは完全に錆びてますね。
DSC_0867
 
最近はエキゾーストパイプ・マフラーの塗装をしていませんがそれほど気になる錆になってないからです。(^^ゞ
エキゾーストパイプ全体に赤錆が出てきたらまた塗装します。

    バッテリーを交換して安心してたのですが、バッテリー液(希硫酸)が漏れたためにあちこち赤錆や白い粉(硫酸鉛)がついてしまいました。

パーツクリーナーを吹き付けサビチェンジャーで赤錆を黒錆に転換して赤錆の進行を止めました。

DSC_0851

ほんとはばらしてきれいにしたかったのですが、ばらすことが自分には無理だったので見える範囲で処理しました。
変にいじって配線おかしくなると困るし。

作業が終わった頃には腕が真っ赤!σ(^_^;

    先日ブレーキホースを交換したのですが少し気になる点がありました。

純正のブレーキホースはゴムのため直径が太く、メッシュのホースでは純正のゴムブッシュの内径に合いません。
DSC_0774

なので社外製でメッシュホース用のゴムブッシュを購入。
サイズ的に内径以外、純正のゴムブッシュと変わりません。
DSC_0776

ピッタリおさまりました(^^ゞ
DSC_0777

    今日はいい天気!姫路城、夢前川の土手ではまだ桜は咲いていないようです。

    昨日ブレーキホースを交換してもらったのですが、
「ブレーキレバーの動きが渋かったのでグリスアップしときました。」
と言われました。

そういえば最近はバンバンにあまり乗っていませんし、レバーのグリスアップもしていませんでしたので改めてブレーキ・クラッチレバーのグリスアップをすることにしました。


    今回は純正の
ブレーキ・クラッチレバーに戻します。
DSC_0734

いつものグリス。プラスチックなどのパーツがあればシリコングリスなど使いますが、安いグリスで十分です。
古いグリスをパーツクリーナーで落としてから塗布します。
DSC_0735

いい動きになりました!と思ったのですがあまり変わりませんでした。σ(^_^;
DSC_0736
クラッチワイヤーのタイコ部分もほつれなどなくきれいなもんでした。
DSC_0737
もっと暖かくなれば遠くに行きたいですね(^^ゞ

このページのトップヘ