本日、夜勤明けにて寝ておりますと、伊川谷2りんかんから電話がありました。
修理費、約¥26000と言うことでした。ヒマなので見に行くことにしました。
クラッチカバーが外されています。
image
青いシートがかけられています。
image
外して見たいとこですが止めときます。写真を撮っているとスタッフさんが気付いて説明してくれました。
クラッチ板が少し焼き付き、磨耗してたそうです。スタッフさんの心配は、クラッチハウジング?そんな名前だったと思いますが、その部分に異常がないか?ということでした。なんでもここが壊れていると、もっと修理費がかさむとのことでした。幸い、クラッチ板の交換ですみそうな感じです。
磨耗したクラッチ板の写真を撮らしてもらいました。
スタッフさんに持ってもらってるの図(^^;)
image
 交換したばかりのオイルも交換しなくてはならないので、スタッフさんに伺いました。

自分「またオイル選ばないといけませんよね?」
スタッフさん「修理費をお伝えした時、私のオススメするオイルで計算してますけど、決まったオイルがありますか?」
とのこと。
自分はオイルの銘柄には無頓着で面倒なので「カストロール」にしているのですが、スタッフさんのオススメを入れてもらうことにしました。「モチュール」と言うメーカーだそうです。
たぶんこれ。
image
この時期の空冷は熱くなるので…、新しいクラッチ板だから…がオススメの理由だそうです。これで4回目のオイル交換になります。

信じます。

早く退院して欲しいなぁ。晴れの日がもったいない!(^O^)

※実は以前よりなんとなく、クラッチが滑っていたことに気付いていました。ただクラッチが滑るという経験がない為、このようなトラブルを引き起こしてしまいました…。しばらくスーパーカブ以外乗ってなかったし。
バイパスや鳥取道で、そこそこスピードを出して走っていると急に回転数が上がったような感じが何度かあったんです…。でもこんなもんかな?と判断してしまいました。燃費もそこそこ良かったし。
クラッチが直ったらどんな感じでしょうか?もちろん悪くなることはないのでしょうけど。パワーケーブルとイリジウムプラグの交換した意味が出てくるのかな?確かに一発でエンジンはかかるし、よく回ってるような気がするし。クラッチが正常になったことで燃費も変わるのか楽しみです!(^^;)