先日〖DAYTONA〗スクランブラーハンドルに交換したのですが、バーが付いているのでナビに不具合が出てきました。
KIMG0914
まずホールド用台座のマウントベース。いつからかわかりませんがネジ穴部分が割れていました。前回交換してから約2年2ヶ月しかもってません…。
DSC_0322
DSC_0323
新しく部品を注文するのはやめました。どうもこの部分は弱点のようです。
そしてバー付きのハンドルバーの為、ナビがうまく見えません。σ(^_^;

    純正以外のマウントシステムとなると、サインハウスラムマウントの2社になります。
サインハウスのマウントシステムはアルミの削り出しの美しい商品です。これを選べば間違いないでしょう。しかしものすごく高い!これを購入したとしても盗難が心配!

    一方ラムマウントのマウントシステムはというと、MADE  IN  USA
仕上げの粗さはありますが、質実剛健といった造りです。サインハウスのものと比べるとお値段は約1/3です。

P054-4747  2×1.ベース  AMPSホールパターン
DSC_0336
材質はアルミ。厚みは約5.9mm。四隅のネジ穴のピッチは共通です。
DSC_0343
ちなみに純正のマウントベースの材質はプラスチック…。
厚みは約2.8mm…。そりゃ単気筒のバンバンが走れば振動で割れますわ。(^^;

P054-1255  標準アーム
DSC_0337
約95mm。材質はアルミです。
R.W.Cのマウントより長めのものを選びました。
ちなみに約60mmのショートアームと約150mmのロングアームがあります。

M8ボルトベース(ネジ3種類付属)
DSC_0338
ハンドルバーのホルダー部分に取り付けます。
以上のものを購入しました。
次の休みにでも取り付けてみます。(^_^)ゞ